ロゴ画像


グローバルに提供

 
 
イメージ1

株式会社 ジャパン ペンション アンド リアルエステート アドバイザーズ

代表取締役:渡邉 康嗣

1951年大阪生、1976年同志社大学商学部卒業、1973年から1975年マドリッド大学経済学部留学、
1989年New York University, Real Estate Institute 卒業。
英語、スペイン語を自由に操りグローバルな証券、金融、不動産市場を熟知し、
また、ヨーロッパビジネスに精通する元インベストメントバンカー。
日興證券を皮切りにスイス銀行、千代田生命保険国際部、ABN-AMRO、Royal Bank of Scotland ,Lloyds 銀行、 Societe Generaleにおいて
40年間におよび国際金融、不動産を中心に投資実績をグローバルベースで積み上げる。
ボストンでは不動産投資顧問業務をニューヨークでは米国大手保険会社の本社ビルやワシントDCのオフイスビルの買収、
更にLimited Partnership, REITへの投資を含め米国において数多くの投資案件を手がける。
また、フランス、パリ ラ・デファンスにおいて、機関投資家としてオフイスビルの開発案件を手がけ完成させる。
加えて、海外向け政府機関、プロジェクトファイナンス等プライベートプレースメントとして約2500億円相当の長期投資を実行。
また、国内においては不動産の証券化、ノンリコースローンの実行等、数多くの投資案件に携わる。
平成14年1月に(株)JPRAを立ち上げに参画本格的な不動産の証券化時代の幕開けを予想し
不動産証券化ビジネスと高齢化社会の中における年金受給者の生活の質の改善をテーマに
富裕層を対象にファイナンシャルアドバイザリー業務を展開している。
平成24年~令和3年まで投資会社リニューアブル・ジャパン㈱取締役法務・コンプライアンス室長兼務、国交省との折衝を担当。
H22年度からビジネススクールにおいて米国不動産取引ケーススタデイー主任講師も務めている。

顧  問:丸田 英明

九州大学経済学部卒
日本債券信用銀行で長年勤務し(株)JPRAには2014年に参画。
高度な金融知識と経験を活かし不動産仲介、不動産金融コンサルを担当し得意先の信頼を確保している。

顧  問:米田 智明

2000年同志社大学法学部卒業
不動産ファンド、再生エネルギー投資会社にて、不動産取引、再生エネルギー投資を経験し、
高度な不動産取引、再生エネルギー関連取引ノウハウを有有している。
特にプロジェクトファイナンス、不動産証券化分野においてプロフェッショナル。

顧  問:Stanley Sakai

Managing Principal
EMS Capital Boston
EMS Capital is the Partner of the TUS Green Innovation Fund. Stan invests in early
and mid-stage US environmental protection companies and are dedicated to leveraging
capital, brand, and network for scaling companies
He has over 20 years of experience working with technology companies as a private equity investor and
corporate banker in Asia, Silicon Valley, and Boston.
  Mr. Sakai holds
an M.A. from Harvard University and a B.A. (Phi Beta Kappa) from Reed College.